« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

#205「Lの食卓」

今回はロリータコンプレックスについて、
なんか話そうかと思ったんですけど、
マイナーな趣味や嗜好を持つこと自体は悪くないですが、
例えば、小さい子供をもつ親の目線からすると、
そういった嗜好を堂々と表明している人に対して、
何かしら危機意識を持つのは仕方がない話で、
だから、そこをどういう風に住み分けたらいいかとか、
そういう話をしたいと思います。

ダウンロード

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

#204「ぽっちゃり漫画というジャンルは存在する」

全然共感が得られないんですけど、
世の中には痩せている異性よりも、
ちょっと太っている異性が好きな人がいて、
これは漫画にも適用できる話だと思うんです。
しかしながら、提供側がそれを認識できていないのでないか?
需要側も自分がそうであることを分かっていないのではないか?
そういう危機感から始めてみましたが、
結局、全っ然共感が得られませんでした。

ダウンロード

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

#203「スマートフォン後の世界」

今週は、前回取り上げた黄昏流星群を引き続き延々読んでいて、
他の漫画を全然読んでなかったので、漫画全然関係ないです。
スマートフォンをたわむれに何台か買い足そうと思ったので、
最近のスマートフォンを巡る情報通信関係の話とか、
どんな感じで、今後どうなっていくのとか、どうあるべきとか、
そういうことを放言していこうと思いますが、
別にみんなこんな話には興味がないような気もします。

ダウンロード

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

#202「七月は黄昏流星群の国」

漫画の基本はハッピーエンドなのはそうだと思います。
ならばハッピーエンドでない漫画は邪道なのでしょうか?
人生には幸せなときも不幸せなときもあります。
それをどこで切り取るか、それにどんな意味を見いだすか?
それ次第で、ただただ悲しいだけの話でも、
読んで良かったと思えるかもしれません。
読んで良かったかどうかはあなた次第。

ダウンロード

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

#201「南国少年パプワくんと友達だ!」

特に理由があるわけでもないんですが、
ちょうどその日に柴田亜美の漫画を、
南国少年パプワくん、自由人ヒーロー、PAPUWAと、
一気に読み返してたりとかしていたので、
今日はパプワくんの話をしようと思います。
ギャグとシリアスをごちゃまぜにミックスして、
その結果、どちらも引き立つというセンスがすごくて、
かなり影響を受けてるクチだと自覚したりしました。

ダウンロード

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »