« #125「僕たちは何にお金を払っているのか?」 | トップページ | #127「お前が信じるレビューを信じろ」 »

2009年12月20日 (日)

#126「徳弘正也の二郎系漫画」

整然と並べ立てられた正論や理屈というのは、
高級レストランの盛り方です。

でも、僕みたいな庶民には、
ラーメン二郎のように野菜や肉をこんもりと盛られた、
あの雑然さがもっと身近でリアルで身もふたもない、
より真実に近しいものだったりするんじゃないでしょうか?

そういう漫画は好き者にはたまらないんですよ。

ダウンロード

|

« #125「僕たちは何にお金を払っているのか?」 | トップページ | #127「お前が信じるレビューを信じろ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #125「僕たちは何にお金を払っているのか?」 | トップページ | #127「お前が信じるレビューを信じろ」 »