« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

#77「最近のオススメ漫画2008(夏)」

ありがちなテーマなのに、
そういえばやっていなかった最近オススメの漫画とかいう話。
ただやっているうちにやっぱりあんま面白くないなあ、
なんて思い始めて案の定脱線気味に。

そもそもオススメして欲しいという需要があるのか?
ないんじゃないのとか思たりしちゃったり。
そんな2008年の夏。

今週紹介する漫画は「モーティヴ」。

モーティヴ-原動機 0―リフュールド (ヤングキングコミックス)Bookモーティヴ-原動機 0―リフュールド (ヤングキングコミックス)

著者:一色 登希彦
販売元:少年画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「episode77.m4a」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

#76「リメイク漫画なんかいらない!」

一度は完結したはずの物語を再び作る意味とはなんでしょうか?
ハードウェアの変化により過去の遺物と化すゲームなどは除き、
ローテクな媒体では、再販をすればいいだけの話です。

漫画では絵柄の流行り廃りとかもあるでしょう。
けど、今風の絵柄で描き直したところで、
それがかつてのエネルギーを持った例なんて記憶にないわけで。

…そしてまた長い文句が始まる。

今週紹介する漫画は「モンキーターン」。

モンキーターン 1 (1) (少年サンデーコミックススペシャル)Bookモンキーターン 1 (1) (少年サンデーコミックススペシャル)

著者:河合 克敏
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「episode76.m4a」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

#75「ハーレム漫画爆発」

友情、努力、勝利のお題目を掲げていたはずの漫画が、
いつの間にか軟弱なハーレムものに浸食されてしまっている、
そんな主張をする、さいとうリバティたかをさん。

昔はなかったハーレム漫画が気がつけば結構増えている。
さながらカンブリア爆発のように、
ある時期を境に一気に増えたような印象ですが、
それは一体何でか?とか言う話はできたのでしょうか?

今週紹介する漫画は「迷彩都市」。

迷彩都市 1 (1) (近代麻雀コミックス)Book迷彩都市 1 (1) (近代麻雀コミックス)

著者:我孫子 武丸,中山 昌亮
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「episode75.m4a」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

#74「漫画の絵が上手いとはどういうことか?」

好みの問題と言ってしまえばそれまでですが、
絵が上手いとか下手だとか言うのは難しい問題です。

言葉の難しさはエンコードとデコードの方法が
人によって一意ではないということで、
ときに歪んだ形で伝わり、問題が起こります。

じゃあ僕らの考える絵の上手さとはどういうものか?
そういうことを話すつもりでしたが。

今週紹介する漫画は「め組の大吾」。

め組の大吾 (01) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)Bookめ組の大吾 (01) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

著者:曽田 正人
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「episode74.m4a」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »