« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月25日 (日)

#68「モテかわ、ゆるふわ、愛され装丁」

知名度の低い漫画の広告媒体としての、
雑誌の売り上げが減少を続ける昨今、
単行本の装丁は、顧客への自己アピールの場として、
非常に大切な場所なのではと思います。

ただ、そういう観点から見たときに、
疑問を感じる装丁が多過ぎる、
という話とそれ以外の話を織り交ぜてお届けします。

今週紹介する漫画は「魔女」。

魔女 1 (1) (IKKI COMICS)Book魔女 1 (1) (IKKI COMICS)

著者:五十嵐 大介
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

魔女 2 (2) (IKKI COMICS)Book魔女 2 (2) (IKKI COMICS)

著者:五十嵐 大介
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「episode68.m4a」をダウンロード

| | コメント (2)

2008年5月18日 (日)

#67「失われゆく文化、ヤンキー漫画の今」

かつては一世を風靡したヤンキー漫画ではありますが、
いつしか数が減り、今では保護が必要なほどです。

さて、かつての隆盛は一時の流行だったのか?
それともヤンキー漫画にしかない、何かがあったのか?
今後、ヤンキー漫画は未来へ残すべき文化であるのか?

そういうことを今考えました。

今週紹介する漫画は「ホーリーランド」。

ホーリーランド (1) (Jets comics (846))Bookホーリーランド (1) (Jets comics (846))

著者:森 恒二
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「episode67.m4a」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年5月11日 (日)

#66「漫画家と画家」

同じように絵を描いて飯を食っているにせよ、
一枚絵で食っている画家と、
物語を紡ぐ漫画家には違いがあると思います。

漫画家も画集を出したりしますが、
やっぱりそこは何か違うような気がして、
じゃあいったいどこが違うのか、
そういう話がしたいと思いますがどうでしょうか?

今週紹介する漫画は「ぼくんち」。

ぼくんち (ビッグコミックス)Bookぼくんち (ビッグコミックス)

著者:西原 理恵子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「episode66.m4a」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年5月 4日 (日)

#65「マンケンすわるラジオ」

なんやらGWですね。
今回は大阪大学の春の大学祭「いちょう祭」の片隅で、
テーマもそこそこにごちゃごちゃ喋りました。

あそこの皆さんは大学生、
私ら既に社会人。

頻繁に入る邪魔と格闘しながら、
どうにか一時間分喋りましたよ。
中身ないですけど。

「episode65.m4a」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »