« #65「マンケンすわるラジオ」 | トップページ | #67「失われゆく文化、ヤンキー漫画の今」 »

2008年5月11日 (日)

#66「漫画家と画家」

同じように絵を描いて飯を食っているにせよ、
一枚絵で食っている画家と、
物語を紡ぐ漫画家には違いがあると思います。

漫画家も画集を出したりしますが、
やっぱりそこは何か違うような気がして、
じゃあいったいどこが違うのか、
そういう話がしたいと思いますがどうでしょうか?

今週紹介する漫画は「ぼくんち」。

ぼくんち (ビッグコミックス)Bookぼくんち (ビッグコミックス)

著者:西原 理恵子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「episode66.m4a」をダウンロード

|

« #65「マンケンすわるラジオ」 | トップページ | #67「失われゆく文化、ヤンキー漫画の今」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #65「マンケンすわるラジオ」 | トップページ | #67「失われゆく文化、ヤンキー漫画の今」 »