« #31「音のない音楽漫画」 | トップページ | #33「炎の四コマ漫画」 »

2007年8月26日 (日)

#32「政治漫画をあきらめない」

フィクションの中の政治がよくなったところで、
現実には何の影響もありません。
それどころか現実に不満があるままでは逆効果のような気がします。

現実の不満をフィクションに転化し、その中で昇華するなんてことは、
言うなれば酷く下らないことなのかもしれませんが、
それで何となくスカッとするなら、それだけで意味があるのかもしれません。

パターンを脱却した政治漫画の終わり方ってあるんでしょうかね?

今週の漫画は「スッパニタータ」。

「episode32.m4a」をダウンロード

|

« #31「音のない音楽漫画」 | トップページ | #33「炎の四コマ漫画」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #31「音のない音楽漫画」 | トップページ | #33「炎の四コマ漫画」 »