2017年10月 8日 (日)

ep144「ちょっと漫画をゆっくり読めないぐらい忙しいんですけど?」

最近ちょっとすごい仕事ばかりしていて、 得意でもない社会と接しては、 どうにかなんとか生き延びている感じなのですが、 やっぱ金を儲けないとダメだなとか、 自分の立場として正しいことってなんなの?とか、 自分の中にある悪意との折り合いとか、なんとか、 そういうことと見つめ合って、 どうにか生きて行くしかないなと思っています。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

ep143「紙の漫画雑誌っていつまであるのかなという話」

紙の漫画雑誌、すごく好きでずっと読んでますけど、 最近は結構電子版を買うことも増えて、 あと、周りを見渡すと雑誌はもう読んでいない、 っていう人も多い感じがするんですよね。 じゃあ、誰が読んでいるのかって話があって、 そして、いつまであるのかという話があると思います。 僕はずっとあって欲しいですけど、 そうもいかないんでしょうね。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

ep142「フラジャイルがすごくよく分かると感じている話」

アフタヌーンで連載中のフラジャイル 病理医岸京一郎の所見、 という漫画がすごくいいと思っていて、 なんでいいと思うかというと、 その中で描かれている問題や感覚が、 なんだかすごく自分にビッシリバッシリ共感を呼ぶ感じで、 ああ、分かる、すごくよく分かるなあという気持ちになるので、 そういうことを思った結果、 漫画の話もそこそこに僕の最近の身の上話をしてしまいました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

ep141「ネタバレなしでドラクエ11を話そうとしてすぐ諦める回」

ドラクエ11をクリアしたわけですが、 すごくよかったという気持ちがあり、 その話をしたいような気持ちがあるものの、 まだクリアしてない人もいると思うので、 ネタバレは避けるべきでは? と思って喋り始めたものの、 無理!とすぐに諦めてしまいました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

ep140「30代漫画好き男が、急に同人活動を始めるとこうなる」

一年半ぐらい前から、漫画を描こうと思ってですね、 半年に一本ぐらい描いては本にして、 同人誌即売会に参加したりするようになったんですが、 これを配信する本日8月20日は、 コミティア121に参加している予定となっております。 漫画の描きかたまだ全然分からないんですが、 その分からないっぷりの話とかをすることにしました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

ep139「その漫画の恋愛、妥当ですか?」

漫画を読んでいて、 登場人物内の人間関係上、 この人とこの人が付き合えば収まりがよい、 とか思ってしまう事があって、 それは漫画だからいいんですけど、 現実に置き換えてみたら最悪じゃない? みたいなことを思います。 漫画を俯瞰する神の視点から思うことと、 自分が登場人物だったと置き換えてみて思うことは 違うよなあとか思う話です。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

ep138「ねぇ、ママの話(池辺葵の新刊は毎回取り上げてよいことになっています)」

池辺葵がエレガンスイブでたまに描いていた、 母と子についての連作漫画「ねぇ、ママ」の単行本が出ました。 僕は池辺葵の漫画がもう本当に好きなので、 新刊が出るたびに取り上げてよいということになっています。 権利…権利というものが認められているからです。 漫画帝国では人権に配慮された生活が保証されています。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

ep137「HUNTER×HUNTERの話は何度もしてよいことになっています」

漫画帝国では、ある漫画を題材にした回は一回だけにする、 というレギュレーションでやっているのですが、 HUNTER×HUNTERに関しては何度もやってよいことになっています。 これは漫画帝国憲法に明記されていることです。 ということで、連載再開したということで、 HUNTER×HUNTERの暗黒大陸編の話をしたり、 それに派生したそれ以外の話をしたりします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

ep136「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの話をする回」

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドがめっちゃ面白くて、 クリアしたあともまだまだちょくちょくやっているのですが、 ロジくんもクリアしたということで、 その話をするかーと思い、その話をした感じです。 同じゲームをやったはずなのに、 全然進め方ややり方がが違うことが分かり、 そういうところが話していて面白いと感じました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

ep135「偽書と漫画と大五郎」

偽書という偽の歴史書が世の中にはあり、 歴史学の中では否定されているものなのですが、 そういうものって価値がないと思うじゃないですか。 でも、そういうものは漫画の元ネタなどの役割で、 実は文化のなかにぐいぐい食い込んでしまっているので、 歴史としては間違っているんですけど、 それらを世の中から排除することが難しいみたいな状況があります。 世の中には大量の間違った情報があって、 そういうのとどう付き合っていきますかね?という話です。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

ep134「今日もどこかで打撃マン」

打撃マンという漫画がとても好きで、 この漫画は人を殴る漫画なんですけど、 同時に「殴るのは弱い人間だ」という言い聞かせもあって、 そんな殴る事の否定を乗り越えて、 それでも殴ってしまうという状況、 人は何を思えば人を殴るのかが描かれるのが、 なんかすごく好きなわけなんですよ。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

ep133「漫画聖地巡礼旅の報告」

ゴールデンウィークに漫画の舞台となった土地を探訪する、 漫画聖地巡礼の旅に出たのですが、 それがいかなる旅であったのかということを、 今回は報告させていただきます。 計画性皆無であったものの意外と効率よく、 行きたいところには全部行けたので、 完全に成功した旅でした。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

ep132「高3限定と不幸によって駆動するものの話」

コオリオニがすごく面白かったので、 梶本レイカのBL漫画を色々買っては読んでいるんですが、 その中で高3限定という漫画にすごくこう、なんというか、 色々と感じ入ることがあって、その話をします。 最近、世の中のあり方とかに、 色々とやるせないと個人的に思っているところがあって、 そのへん割とどうしようもないんですが、 漫画を読みながら、その辺のことも思い出したりしました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

ep131「D-ASHと学年で一番走るのが速い小学生の話」

僕が思うに、世界で一番無敵な存在とは、 学年で一番走るのが速い小学生だと思っていて、 D-ASHという漫画はそんな少年だった人のお話です。 人生というものがレースであるならば、 小学生はまだまだスタートダッシュじゃないですか。 そこで一番速かった少年は特別で、 無限の未来が想像できるでしょう? それが幻だとしても、想像はできるわけですよ。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

ep130「BEASTARSと反社会的欲望の話」

週刊少年チャンピオンで連載中のBEASTARSを、 毎号楽しみに読んでいます。 人間のような社会を作るに至った動物たちの物語ですが、 彼らの社会には人間社会以上に歪みが存在していて、 それゆえの沢山の問題を抱えているのです。 まだ単行本化していない部分の話もしているのでご注意。 あと、花粉症で鼻声なので聞きづらいかもしれません。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

ep129「雑草たちよ大志を抱けと一足踏み出すタイミングの話」

道、この道を行けばどうなるものか、 危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、 踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる、 迷わず行けよ、行けばわかるさ。 ありがとう。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

ep128「感想どうでしょう」

最近あんまり漫画の話をしていないのですが、 読んでいる漫画、好きな漫画、話したい漫画はあるんですけど、 同じ漫画の話を何度もできないので、 言いたい事を一応まとめておいてからにしようと思ったら、 全然まとまらなくて喋るのを保留にしている感じで、 そもそも感想とは何なんだ? なぜ、自分が思っていることをまとめるだけで、 なんかこんな面倒な感じになってしまうのか? というようは話や、それにかこつけたよくない話をしました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

ep127「人喰いの大鷲トリコの話、FF15の話」

なんか最近忙しいんですけど、 忙しい忙しいと言いつつゲームはしています。 今回はその中から、 人喰いの大鷲トリコと、FF15の話をしようと思います。 両方ともプレイしながらかなり感激してしまったので、 めちゃくちゃいいゲームだったなあという話です。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

ep126「十周年だョ!雑談にしましょう(後編)」

10年という時間が何を意味するのか、 その間に僕らも色々と社会的な立場も変わったようで、 反面あまり変わっていないところもあって、 相変わらず漫画だゲームだで毎日のように きゃっきゃと嬉しがっているのは同じで、 とはいえ色々なしがらみが増えてきたりもしつつ、 社会的な責任みたいなのも、 背負わされそうになったりそれから逃げ回ったり、 色々です。色々なんですよ。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

ep125「十周年だョ!雑談にしましょう(前編)」

インターネットに漫画の感想やら生活の愚痴やらを アップロードするようになって十年が経ちました。 何か変わったかな?というと色々変わりましたが、 だからどうなの?というと今まで通りということも多く、 今のところの予定ではこれからもしばらくは、 漫画やゲームや映画やらが面白かったの面白くなかったの、 人間社会が向いていないだのという話をしていきそうです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

ep124「コオリオニと君は悪くなんかないでもごめんよの話」

結構前の話なのですが、 梶本レイカの「コオリオニ」という漫画を教えてもらったので、 読んだんですけど、これがものすごく面白くてというか、 この物語の中で描かれている人々の感情が、 僕が個人的に抱えている感覚に対して、 ずばっとストライクという感じに響いてしまったので、 わかる、わかると思いながら読み進めた感じでした。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

ep123「この世界の片隅にの映画でめっちゃ泣いた話」

こうの史代の「この世界の片隅に」の映画が公開になったので、 見に行ったのですが、なんだか観ていてすごく泣いてしまって、 めちゃくちゃ泣いたんですが、じゃあなんで泣いたのか? というと今ひとつ説明できず、 あと別に泣いたからよいという話でもないんですが、 ただ自分の感情を動かす何かがそこにあったということでしょう。 それが何なのか?自分はそこから何を読み取ったのか? という話をします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

ep122「ヒューマニタスと矛盾し合う正しさの話をしよう」

この前、ヒューマニタスという漫画の単行本が出たのですが、 これが面白くて格好よくて可愛くてなんちゃらで、 で、今読んでいるものの読み方には、 今自分が思っていることが投影されてしまうということもあって、 今回この漫画を読んで思ったのは、 今の自分が抱えている、自分と自分以外との距離感の取り方で、 まあ答えは出ないんですけど、答えが出ないということを思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

ep121「聲の形、青沼静馬の形」

聲の形のアニメ映画を観たんですが、 原作漫画が面白いのはもちろんのこと、 アニメ版は漫画という媒体では表現が難しいことも、 描かれているような気がして、すごく良かったです。 人と人が通じ合うということはとても難しいなと思っていて、 僕も犬神家の一族がとても好きなので、 よく青沼静馬の物まねをしているのですが、 これが人に伝わらない。でも伝えたいわけです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

ep120「おっさんの愚痴」

いい歳して、社会に上手く適応できない感があってですね、 それでも毎日生きているんですから、 自分的には満点だなと思うのですが、 なんというかこう、人付き合いの下手さとか、 他人に対して感じてしまう苦手意識とか、 そういうのは、どうしても改善せず、 それでもまあ仕方ないなということを思って、 日々自分を許しながら生きています。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

ep119「BILLY BATとは何の漫画だったのか?」

浦沢直樹のBILLY BATが完結し、 すごく面白かったのですが、 じゃあこれは何の漫画だったのか?ということを考えると、 最終回を1回目読み終わったときにはいまひとつ分からず、 また最初から読み直したり、 浦沢直樹に密着するテレビ番組を見たりしていました。 すると、なんとなく分かったような気がしたので、 今回は僕が本作についてどう感じたかという話をします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

ep118「龍-RON-における人の歴史を感じて感動してくれ!」

龍-RON-を読み返して、 本当に胸いっぱいだったんですけど、 長期連載の物語は、色んな要素が詰め込まれているため、 じゃあ、これは何を描いた物語だったのか? というようなことを一言で言い表せるような言葉を 僕にはまだ見つけることができていません。 ただ、最終巻を読み終えたとき第一巻を思い出して、 龍という男の歩んで来た歴史を感じるのです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

ep117「逃げる・逃げないのひみつ(まんがひみつシリーズ)」

漫画を読んでいると、 逃げてばかりだった人が逃げるのをやめて立ち向かう、 というような場面が感動的に描かれることが多く、 僕もそれが大好きなので、 逃げずに戦うのは素晴らしいなあと思います。 しかし、現実には逃げた方がいいこともあると思っていて、 その辺の逃げるとか逃げないとか、 どういうものなんでしょうね?という話をします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (2)

2016年8月14日 (日)

ep116「天才、それは君がみた光」

漫画表現における天才って何なのかな?って思うんですが、 僕が思うにある種の永久機関というか、 合わない辻褄を無理矢理合わせてしまう存在ではないか? という感じで、 基本的になるようにしかならないはずの現実に入り込んだ、 異分子のようなものではないかと思います。 それゆえに、ある種の漫画では、 天才性というものが物語の中で求められるのでは? というような仮説を考えました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

ep115「秦・ゴジラと青龍における不死の龍の話」

シン・ゴジラを観てきて、 めっちゃ面白かったんですが、 シンって何かな?って思います。 おそらく秦の始皇帝の秦なんじゃないかな? って思ったので、 今回はシン・ゴジラの話は全然せず、 秦の始皇帝にゆかりのある漫画、 青龍の話をしたいと思います。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

ep114「続・漫画を無理矢理描く方法を編み出したの巻」

8月のコミティアに出ようと思ったんですよ。 そのためには漫画?を描かないといけないようなので、 描いてみようと思ったのですが、 数ページの適当な漫画ではなく、 ちゃんとした物語のある漫画を描こうと思うと、 まったく描き方がわかりません。 読むのは人一倍やっているように思いますが、 描くのは全然やっていないので、 このままでは描けないぞ!と思い、 無理矢理描く方法を考えて実践しました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

ep113「逆転裁判シリーズの論理と推理の雑談劇場」

ゲームの逆転裁判シリーズがすごく好きなんですけど、 この前、最新作の逆転裁判6をクリアしたので、 色々振り返りながら、なんというか、 その良さ?みたいなもの、 例えば、推理ゲームだからこそできる体験とか、 なんかそんな話をしようかと思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

ep112「逆流主婦ワイフと他人を理解しようとする話」

毎月楽しみにしていた逆流主婦ワイフが、 全2巻で終わってしまい、 残念に思いながらも読み直していたんですが、 理解不能のように思えていた他人が、 何らかのきっかけで理解できたような気持ちになること、 そして、良くも悪くも、 人と人との繋がり中で生まれるものの描かれ方が、 すごく共感できるところがあってよい漫画だなあと思います。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年6月12日 (日)

ep111「福島鉄平の漫画の良さを上手く説明できないもどかしさ」

先日、福島鉄平の「こども・おとな」という単行本が発売されました。 一年半ぐらい前に出た「アマリリス」や「スイミング」に続いて、 また、すごく面白かったんですが、 どう面白かったのかということを僕の語彙では上手く説明できず、 どうしたもんかなあと思ったりしています。 こういうことは実はよくあって、 良いとは分かるけど、なぜ良いかは説明できないとき、 どのようにすればいいのかな?と思っています。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年5月22日 (日)

ep110「国民クイズはあなたの欲望を肯定します」

国民クイズを読み直したんですが、 最初に読んでから十数年以上経つものの、 やっぱりすごい面白いなあと思っていて、 それは、そこには、人間にはそれぞれ自分勝手な欲望があり、 しかし、その欲望が隠されがちであるという世の中なので、 依然として残る吹き溜まりについて描いているからなのでは? などということを今回は思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年5月15日 (日)

ep109「ズートピア-寄生獣以後の人間社会-」

今回のタイトルは分かりにくいパロディです。 ディズニー映画のズートピアを観て、 すごく面白かったんですが、 動物が人間のように暮らす都市ズートピアの光景を見て、 この「人間のように」というのは、 何をもってして人間のようなのかというのが気になったので、 そういう話とか、そうでない話とかをします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

ep108「Life is Strangeと目に見えない世界を信じる話」

この前、Life is Strangeというゲームをクリアしたんですが、 これがほんとすごい良いゲーム体験だったなあと思いました。 ただしそのためには、これはゲームなんですけど、 まるでゲームではないかのように捉える必要があるんじゃないか、 と思っていて、ゲームや漫画や映画なんかは基本的に作り事ですが、 その先にある架空の世界を信じるということが、 それらを十全に楽しむには必要なのではないかと思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

ep107「偽説ヒカルの碁 機械仕掛けの神の一手編」

4月といえばエイプリルフール、 エイプリルフールと言えば嘘をついても怒られない、 それを信じて今回は嘘の話をします。 今回ヒカルの碁の機械仕掛けの神の一手編を読んだので、 その嘘をベースに、ヒカルの碁とは何だったのか? そして、人工知能の未来とは?ということについて、 全編嘘まみれでお送りします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年3月13日 (日)

ep106「池辺葵の漫画の孤独、そして人の情」

ここ半年ちょっとぐらい、池辺葵の漫画がすごくお気に入りで、 今出ている単行本を全部集めて読んだり、 まだ単行本化していない短編を読み返しまくったりしています。 僕がその漫画の中から読み取るのは、 人間と人間の間にある情のようなものなのですが、 同時にその前提としての人間の孤独のようなものも読み取っています。 それが現代的というか、僕自身の最近の感覚にしっくりくるのです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年3月 6日 (日)

ep105「批評とは物語を切り裂く行為と昔読みました」

評論とは物語、そして批評とは物語を切り裂く行為、 という言葉がLAZREZという漫画に登場しました。 かっこいい言葉だなと思いながらも、 連載を読んでいた当時はよく意味が腹落ちしていなかったのですが、 近年ようやくわかってきたような気がしており、 そのへんを踏まえて、 感想や評論や批評をするということはどういうことか? ということについての最近の考えの話をします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

ep104「最近買った同人誌、最近やってるゲーム」

最近、同人活動を始めたということもあり、 同人誌即売会などにもちらほら足を運んでいます。 何度か行っていると、目当てのサークルとかも出来始めたので、 そこで入手した本とかの話をしつつ、 それはそうと途中から、 最近やっているゲームの話とかを一生懸命する感じになりました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年2月14日 (日)

ep103「皇国の守護者の原作と漫画版の違いの話とか」

皇国の守護者の文庫版書き下ろし短編を、 電子書籍で一挙購入したこともあり、 また最初から読み返していたので、その話と、 漫画版が原作とどう違うかというような話をしようと思いました。 ざっくり言うと、基本的に原作に忠実だと思うんですけど、 一方、結構違うよなあと思った感じです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

ep102「最終兵器彼女とはなんだったのか?」

最終兵器彼女をまとめて読み返すのは初めてだったのですが、 十何年経ってから改めて読み直すと、 僕自身の変化もあってか昔とは異なる受け取り方もしました。 そもそもこの漫画は何を描いていて、 何を表現しようとしていたのか? 結局うまく言葉にできないのですが、 どうにか言葉にしてみようとした結果がこのざまです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年1月10日 (日)

ep101「私はこの漫画で人生を歪めました」

漫画で人生が歪むか?というと、 生まれて来てから見て来たものは全て、 多かれ少なかれ自分の価値観に影響があると思うので、 歪むこともあるんじゃないかと思います。 とはいえ、漫画以外でも全然人生は歪むので、 あらゆる人は何かで人生が歪んでいるんじゃないかと思いますが、 そんな歪んだ我々が歪んだままで社会を作って回しているのです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年12月27日 (日)

ep100「年末だ!百回だ!漫画の話をしない回」

百回です。キリのいい回数が来たので、 たまにはちょっくら他人のリクエストにでも答えるか、 と思って何かないか友達に聞いてみたら、 特に漫画と関係のない質問がきたので、 漫画とは関係のない質問に答えることにしました。 今さっき編集しながら聞き返したら、 いくつか正確性に欠く答え方をしている部分がありましたが、 全部を修正するのが面倒なので、全ては信じないでください。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年12月20日 (日)

ep099「2015年下半期に1巻が出た漫画の話」

毎年年末にやってる今年1巻が出た漫画の話ですが、 今回は夏に上半期の話をしたので、 余裕を持って話せるぞと思っていたのですが、 結局駆け足だわ、想定時間をオーバーするわで、 いつものような感じになりました。 2015年も沢山漫画が出ましたね。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

ep098「漫画を無理矢理描く方法を編み出したの巻」

再三告知していますが、 明日、11月23日に東京流通センターで開催される、 文学フリマのカ-18にて、妖怪の本を頒布します。 その本で、なんと珍しく漫画を描いたのですが、 僕、基本的に漫画は全然描けないんですよね。 でもですよ、できない理由をひとつひとつ潰せば、 最終的には描けてしまうということが分かりました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

ep097「良いニュースと悪いニュースがあります」

この漫画帝国の前にやっていた阪大漫研Podcastですが、 オンラインストレージの容量が逼迫してきたので、 遠くないうちにデータを消していこうかと思っています。 思い返せばもう丸9年近くやっているPodcastですが、 これだけ時間が経てば、僕の考え方やスタンスも、 色々と変化があるなあということを思い出したりして、 そういう話もしたりします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (3)

2015年10月11日 (日)

ep096「三宅乱丈のペットを読んでください」

三宅乱丈のペットという漫画がとても好きで、 ホント面白い面白いと思っているのですが、 これを他人に伝えようとしたときに、 なんだか上手く言葉にならなくて、 「おれ…ここ…好き…」 レベルのことしか言えなくなってしまうので、 そんな不完全な説明よりも、漫画の方を読んでください。 ダウンロード 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

ep095「MGSV: TPPと密林少年と人殺しのオレ物語」

ここのところ、空き時間は延々と METAL GEAR SOLID V: The Phantom Painをプレイしています。 「人殺しはよいことですか?」と聞かれると、 「悪いことだと思います」と答える僕も、 ゲームの中では人を殺したりします。 じゃあ、なぜ殺すんだろう?と思ったことについて、 少年兵を取り扱った漫画、密林少年を雑に引き合いに出したりしながら、 話そうと思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

ep094「漫画ことわざ辞典」

世の中には知っていれば伝わるけれど、 知らなければ伝わらないことがあります。 ことわざみたいなものはその最たる例ではないかと思っていて、 そのことわざが指す意味を知っていれば、 ああ、このシチュエーションはまさにそれだ、 などと思えますが、知らなければ思えません。 ただし、ことわざは既に知られているものが多いので、 これを漫画由来で勝手に作れば、 みんな分からなくて混乱するのではないかと思いました。 ダウンロード 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

ep093「漫画天狗考」

最近、天狗について調べたり、 天狗に関する漫画を読み直したりしているんですが、 いやあ、天狗って何なんでしょう?と思っています。 天狗の歴史についてさかのぼりながら、 天狗とは日本社会でどのような役割を得て来たのか? これが天狗とするならば、あれも天狗ではないのか? というような話をするんじゃないかと思います。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

ep092「比較的最近始まった楽しみにしている漫画の話(後編)」

今回も前回に引き続き、僕が今連載を楽しみにしている漫画の中で、 比較的最近始まったものについての話をしようと思います。 と言ったものの、だんだんと最近始まったものではない漫画の話もし、 ついにはただの愚痴みたいな話になっていくといういつものやつです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年8月 9日 (日)

ep091「比較的最近始まった楽しみにしている漫画の話(前編)」

毎年年末に、その年に始まった漫画の話とかをしているのですが、 どうにも量が多くて、毎回ちゃんと喋りきらないことが多いので、 今年は中間で一回やっておくべきではないかと思ったので、 今回は僕が今連載を楽しみにしている漫画の中で、 比較的最近始まったものについての話をしようと思います。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

ep090「漫画の伏線と呪術のメカニズム」

ちょっと前に、呪術に関する本を色々と読んでいて、 古来からある呪いというものは何なのか? 何の意味があるのかということを考えていたのですが、 実はそのメカニズムは人間の認知の根源にあるもので、 漫画を読むときの伏線の理解の仕方と同じ機能なのではないか? ということを考えたので、その話をしようと思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

ep089「桃太郎とドラゴンボール」

ドラゴンボールと言えば、主人公の名前が孫悟空ということから、 西遊記をモチーフにした物語と思われがちだと思うのですが、 僕はある日、はっと気がつきましたが、 これはもしかすると、桃太郎をモチーフにしているのではないでしょうか。 国民的な昔話と国民的な漫画の中に共通点を見いだした僕は、 ぜひともそれを皆さんにお伝えしなければならない!! と義務感にかられて今回報告させて頂く次第です。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

ep088「子供はわかってあげないと僕の宗教」

田島列島の子供はわかってあげないという漫画が、 とても好きなので、何度も何度も読んでいるんですけど、 この漫画の何がどう面白いと自分が感じているのかが、 いまひとつ説明できない感じで、 「面白い」以外の言葉が出てこなかったのですが、 他人に伝えるにはもうちょっと言葉が必要だろうと思って、 色々ひねりだそうとしているうちに、 何だかよく分からない話になってしまうといういつものアレです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年6月 7日 (日)

ep087「乗り物あつまれ色んなD-LIVE!!」

この前、皆川亮二のD-LIVEを読み直したので、 その話をしようというか、 主にJR職員の稲垣さんの話をしようと思いました。 D-LIVEは国際的な人材派遣会社に所属している、 様々な乗り物を乗りこなすマルチドライバーの高校生のお話です。 読んだら、乗り物ってよいなあと思いますし、 そして、JR職員の稲垣さんはよいなあと思うのです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年5月17日 (日)

ep086「ピエールとさいとうの居酒屋雑談(カリクラ幸福論)」

今回も前回に引き続き、 場所を居酒屋に移しての雑談スペシャル。 最近ひょんなことから華倫変のカリクラを読み返したので、 その話を嬉々としてさいとうさんにするものの、 全く通じないという、コミュニケーションの難しさ。 果たして人間にとって幸福と何か? 酔っぱらいのお話が続きます。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

ep085「ピエールとさいとうの喫茶店雑談(文学フリマ帰り)」

さいとうさんが関東に引っ越してきたので、 ちょくら一緒に文学フリマに行ったあと、 喫茶店で雑談をするGWスペシャル。 文学フリマで入手した本とか、それ以外のこととかを、 静かな店内で周囲を気にしながらぼそぼそと喋っているので、 お聞き苦しいところがあるかもしれませんが、 あまり気にしないようにするとよいと思われます。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年4月12日 (日)

ep084「今、電子書籍何年ですか?」

電子書籍元年がもはやいつだったのか、 実は世間的にはまだ来ていないのか、僕にはよく分かっていませんが、 僕の中にはとっくにきていて、当たり前になりつつあります。 本が紙でできた物体ではなく、電子の情報体になったとき、 その取り扱われ方が変わってきているように思っていて、 これまでとは少し違う接し方をし始めているような気がしたので、 その辺の話とか、あと愚痴みたいな話とかをしました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

ep083「ゲームと現実と九井諒子の漫画」

竜は想像上の生物ですから、 実在の生物として考えてみると辻褄が合わないことがあります。 ゲームは作られた世界ですから、 実在の世界として考えてみると辻褄が合わないことがあります。 そんな合わない辻褄を、想像上だから、作り事だから、 という言葉を使わずに説明できたときに、 それはあたかも実在するが如く、 龍が如く、世界が如く扱えるのかもしれません。 九井諒子の漫画にはそういうものが詰まっているように思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

ep082「キャラ立ちぬ」

キャラが立つという言葉があります。 これは、特徴づけられた物語の登場人物が、 あたかも実在する人間のように、 読者に内面を想像されつつ受け入れられる、 というような意味と思っています。 そこで、立っているキャラと立っていないキャラは、 どのように違うのかと考えたので、その話をします。 キャラを立てる、生きているように描かれねばならない。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

ep081「漫画の描写に間違いが含まれていた場合の話」

漫画には正しいことだけを描かなければいけない、 という決まりはないので、 色んな漫画には色んな間違った情報が含まれていたりします。 それは漫画なんだからと信じなければいいと思いますが、 自分を振り返ってみると、信じていた事例も散見され、 そして、今も間違っていることに気づいていないだけかもしれません。 今回は漫画に描かれている間違った情報の取り扱い方について、 どのように付き合っていくといいのだろうかというお話です。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

ep080「なるぺそ!ニコイチ」

金田一蓮十郎のニコイチという漫画がすごく好きで、 この漫画は外面と内面のギャップが大きくなってしまった主人公が、 その外面部分を強く求められるがあまりに、 内面をカミングアウトすることができずに、 ずーっとまごまごしているという感じと、 それを優しく受け止めてくれる周囲の温かさみたいなのが、 すごく良いなあと思うんです。 ちなみに、このような自己の外的側面を ペルソナと言ったりするそうですよ。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

ep079「蛮勇引力の彼岸」

最近、山口貴由の蛮勇引力を読み返して、 強烈な面白さがある一方、 この漫画で描かれているものは一体何なのか? ということを思っていて、 考えれば考えるほど単純に肯定できるものではなく、 かといって否定できるものでは絶対なく、 自分にとって何かしら響くものがあるということを思い、 それが、それこそが自分の中にある野蛮さなのか、 ということを思ったり思わなかったり、 よく分からなかったりしているのです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年1月25日 (日)

ep078「俺とゾンビと黙示録」

ここ一ヶ月ぐらい、 延々とウォーキングデッドという海外ドラマを見ていて、 これはゾンビが蔓延した世界を描いているものなのですが、 すごい面白いなあと思って見続けています。 一方、漫画でもゾンビが出てくるものが沢山ありますし、 ゲームでも映画でもずっとあります。 ゾンビってなぜずっとブームなんだろうということで、 今更ながらそういう話をしました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年1月18日 (日)

ep077「漫画タイトル地獄変」

コンビニによくある廉価版コミックを眺めていると、 タイトルが連載時のそれとは変更されているものがあります。 それは何故かと考えると、それをそうする理由が想像できますが、 漫画のタイトルというものには、色々な役割があり、 照準をどこに合わせるかによって変わっていいものではないか、 なんていうことを思ったので、漫画とか漫画に限らず、 色々なもののタイトルがなぜそうなるか、 とかそういうことについて思ったことを話します。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

ep076「年末恒例、2014年に1巻が出た漫画の話(後編)」

今回も前回に引き続き、 全1巻や、短編集を含めて、 今年1巻が出た漫画の話をしようと思います。 一個一個喋りたいことを喋りつつ、 話も例によって脱線していたら、 2時間近くになってしまいましたが、よくあります。 早々と今年も最後ですが、また来年。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)

ep075「年末恒例、2014年に1巻が出た漫画の話(前編)」

12月ということで、 早々と今年一年を振り返りつつ、 全1巻や、短編集を含めて、 今年1巻が出た漫画の話をしようと思います。 本当は今年完結した漫画とか、 他の印象的な漫画の話題とかもあるはずなのですが、 この1巻漫画だけで27冊あるので、 これで時間いっぱい、精一杯。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年11月16日 (日)

ep074「人生、インターネット、すべての素晴らしさ」

今回はさいとうさんが、 人生の素晴らしさについて喋りたいことがあるので、 時間をくれというので、 よし、聞くぞーと思って時間を空けてみたものの、 よく聞いてみると、特に喋りたいことはないということなので、 また雑談をだらだらしている感じです。 人生は素晴らしい、インターネットも素晴らしい、 すべては素晴らしい。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年11月 9日 (日)

ep073「進化する豚、ナチュンの正しい読み方なんて知らない」

連載で読んで、単行本で読んで、 買ってからも何度も読み直しているんですけど、 その強烈な面白さとは裏腹に、 このナチュンという漫画が何なのかが、 僕にはさっぱり分からないんです。 分からないものを分かりたい、 埋まりようがない穴を埋めるための絶望的な営み、 それは作中で主人公が直面した問題と類似するのかもしれません。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

ep072「甘い水と苦い感情」

人間は読んでいて気分が沈んでくるような物語をなぜ読むのか? ということについて前々から考えているんですけど、 特に明確な結論は出ていません。 でも、読みたいから読んでいるということは間違いないんです。 松本剛の「甘い水」は、連載当時から毎号毎号、 読んでいて辛く悲しい気持ちになっていたのですが、 でも、続きを楽しみにして読んでもいたのです。 いったいなんなんでしょうか。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

ep071「つながらない非社会性」

基本的にひとりで本を読んでいる感じの僕ですが、 最近は色々と心境の変化もあり、 他人とも関わっていこうとしているわけですが、 そういうことについて喋っていると、 僕が対人関係に持っているルールがややこしく、 また狭量で、辛いものがあり、 あ、やっぱり社会に向いていないな、 ということが分かってくるわけで、 しかし、人間はひとりでは生きられないのでありました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

ep070「キチガイの未来への展望」

松本次郎の「フリージア」に、 フリージアの花言葉は「未来への展望」と書かれていました。 主人公の叶ヒロシくんは、独自の世界に生きていて、 周りとの歩調がちっとも合いませんし、 合わせる気があるようにも見えません。 これは言うなればキチガイということだと思いますが、 読みながら思い返してみると、 僕も似たようなキチガイだろうと思ったりしました。 後半は例によって僕の人間関係力のなさの話です。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

ep069「文学フリマ大阪にて妖怪本を出す話」

2014年9月14日(日)に開催される、 第二回文学フリマ大阪に参加する予定なんですけど、 そこで、「妖魅雑考奇珍怪」という本を出します。 今回はその内容について、ご紹介というか全部言います。 あまり人前に出てこないことでおなじみの僕ですが、 たまには人のいるところにも行くことにしたので、 大阪府はなかもずの堺産業振興センターで僕と握手。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年8月10日 (日)

ep068「巨人は死なず、ただ話せなくなるのみ」

「巨人の肩の上に立つ」という言葉がありますが、 これは人間が過去の人々の積み上げてきたものの上に乗ることで、 一人では見れなかった光景が見られるという意味で、 人間というものが文化とかを蓄積、継承することで、 どんどん進歩していくみたいな話です。 しかし、場合によってはその継承に失敗し、 肩の上に乗っても、なぜ彼らがそちらを向いているのかが、 分からなくなっていることも多いのではないかと思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年8月 3日 (日)

ep067「僕が一番、寄生獣を分かってるんだ地獄」

漫画が映画化とかアニメ化とかされるときに、 それの制作者に対して、この人たちは全然分かってない、 なんて思ってしまうことがあるように思うんですが、 それを思ってしまうことはいいとして、 実際自分はそれをどれだけわかっているのか? と聞かれると返答に困るかもしれません。 自分がわかっているそれは、 もしかすると自分の中にしかないのかもしれないからです。 ということで、今回は僕の中にある寄生獣の話をします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

ep066「少年探偵漂流記」

子供の頃から読んでいる漫画の少年探偵が、 僕が十分大人になったのに、まだ少年で、 まだ毎回事件に遭遇しては解決しているのを見ると、 漫画が面白いというのとはまた別に、 この人たちはいつまでこのままなんだろうと思ったりします。 今回は「Q.E.D. 証明終了」の話なんかを取り上げながら、 頭の良い少年探偵たちの話をしたりします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

ep065「BLAME!と海獣の子供を言葉にしようとする愚」

例えば食べ物の味や目にした光景を、 言葉で説明するのはむずかしく、 正確に落とし込むこともできなければ、 それを聞いた人が適切に解釈できるかもわかりません。 そんな不完全な言葉で、説明しようとすること自体が、 そもそも愚かなことではないかと思いつつ、 音声メディアでは言葉にしないと始まらないみたいな感じで、 最近読み返した中で、言葉で説明しにくいものを二作、 説明しようとして玉砕する感じです。 ダウンロード 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年6月15日 (日)

ep064「The Mark of Watzelと短編漫画の話」

今回は、武富智のThe Mark of Watzelという漫画が、 とってもとっても面白くてたまらなかったので、 もっと売れて欲しいという気持ちを抱えるとともに、 昨今の漫画の長編化がしんどいみたいな話がありつつ、 一方、じゃあ短編の漫画が売れるかと言えばあまり売れない、 みたいな悲しい状況があるのではないかみたいな話をします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年6月 8日 (日)

ep063「月光条例とあなたの物語」

先々月に完結し、先月に最終巻も出た、月光条例について、 読み終わった後、色々と整理がつかない感じだったのですが、 多少整理がついたような感じがするので話そうと思いました。 結論としてはやっぱりあんまり整理できてなかったですが、 それがいいのかもしれません。 今回も長くなってしまいましたけど、勘弁な。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年5月11日 (日)

ep062「道士郎でござるとポックル星人」

アメリカ帰りの武士が日本で暴れる、 西森博之の道士郎でござるという漫画の中で、 健助くんが作った「ポックル星人」という絵本があります。 このポックル星人は、作中の不良に、 あるメッセージを伝えるために描かれた絵本なのですが、 考えてみると、 この道士郎でござる自体が読者に同様のメッセージを伝えるために、 描かれたのではないかなとか思ったりしました。 ダウンロード 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年5月 4日 (日)

ep061「私のゴーストライターがささやくのよ」

複数人が関わるものづくりというのは、 できあがったものの手柄が本当は誰にあるのか? というのを考えだすと難しいもので、 代表者となっている人だけでは作れなかったかもしれません。 一方、裏方であった人だけでも作れなかったかもしれず、 ゴーストライターというものがいたとして、 その辺の塩梅はどういうものなんだろうと思いました。 そういう話とか、そうでもない話とかをします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

ep060「強さと個立とちひろさん」

先月に続編の第一巻も発売された、 安田弘之のちひろについて、 前回取り上げた、 暴力によって個を確立する範馬勇次郎に対比するように、 今回はその精神性によって個を確立するちひろについて、 例によってそれを読んでいないロジくんに説明します。 前回よりは伝わった感じがしました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (2)

2014年4月 6日 (日)

ep059「強さと勝負と範馬勇次郎」

グラップラー刃牙シリーズに登場する、 主人公の父であり、地上最強の生物と称される、 範馬勇次郎の魅力について、 グラップラー刃牙シリーズを読んでおらず、 範馬勇次郎を知らないというロジくんに、 僕が一生懸命説明するという一時間半。 結果、あんまり伝わらなかったという。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

ep058「超人坂を登り始めた、我々」

今回は、定期的にやってくる反省回なのですが、 僕の持論で、完璧超人あるいは完成された人間、 なんて呼んでいるものがあるのですが、 人間が与えられた場に置いて成長しきってしまうと、 その前にあるものは全て自明なもので、 全て知っている何かとして取り扱うことができます。 そういう人間に到達できたときに、 本を読む意味、それぞれについて語る意味が消失する、 などということを最後の方に喋ります。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

ep057「失恋ショコラティエと許される力」

ちょうどドラマも佳境にさしかかっている、 失恋ショコラティエについて、読みながら、 正しいこと正しくないこと、 許されること許されないこと、 正しいけれど許されないこと、 正しくないけれど許されること、 そして僕が許されたいと思っていること、 などについて思ったことを喋ります。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

ep056「アゲイン!!と心がポジティブになれない話」

僕はもう本当に心がネガティブなので、 対人関係がとっても苦手なのですが、 これはもうポジティブになるのは難しいなあと思っていて、 ネガティブな人間がネガティブなままで 世の中と何とか付き合っていくということについて、 久保ミツロウのアゲイン!!では、 それがありありと描かれているなあと思ったりしました。 あと、後半は僕のセラピーです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

ep055「最近、紙以外で読んでいる本の話」

コンピュータとインターネット登場以後、 液晶ディスプレイなどで読める本は日増しに増えており、 電子書籍とかもそれなりに普及し始めている感じがしていて、 紙以外でも本は全然読める感じになってきているので、 僕が最近、紙以外ではどんな本を読んでいるのか、 という話をしたり、例によって脱線したりします。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

ep054「等価交換を否定する新しい法則」

物語世界というものは現実以上に納得のいく理由を求められる というか、妥当でなければ不誠実であるかのように思えたり、 なんかそんな感じのことがあるんじゃないかと思っています。 そこで、そんな等価交換的な世界観に関して、 いかなる否定的な法則があったりなかったりするのかを 考えようかと思いました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

ep053「かぐや姫の物語とその残像」

2ヶ月ぐらい前に観た「かぐや姫の物語」なのですが、 あれを観て以来、色んな本や映画やゲームの中に、 かぐや姫の物語と似通ったものを発見したりなんかするので、 これは一体なんなんだろうなあと思って、 それはなんでなのだろうとかそういうことを、 話そうかと思ったのですが、 途中でよく分からなくなってしまいました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年12月15日 (日)

ep052「2013年に1巻が出た漫画の話」

2013年も気がつけば終わりつつあり、 今年も色々と漫画を買ったり読んだりしていたわけですが、 今年出たらしい漫画を本棚からぶっこぬいてきたので、 それらを眺めながら話をしようと思ったのですが、 思いのほか量があったので、また長くなってしまいました。 年内最後ということで、少し早いですが、良いお年を。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

ep051「僕は諸星大二郎のことがよく分からない」

諸星大二郎の漫画はすごく面白いと思っていて、 それなりに色々読んでいるつもりなのですが、 じゃあ、諸星大二郎とはなんぞや?とか、 何がどう、どのように面白いのか?とか喋ろうとすると、 何だか全然言葉にならなくて、よく分からないんです。 本当によく分からないんですけど、 その、よく分からないということについて喋ろうと思います。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

ep050「キテレツ斎が理解されず座敷牢に閉じ込められた話」

最近ちょっと人と理解し合うということは、 とても難しいものだなあということを切々と思っているのですが、 そんな折にキテレツ大百科を読んでいたら、 このキテレツ斎という人は、その時代に理解をされず、 座敷牢に閉じ込められて発狂したのだなと思って、 なんだその悲しい話は、と思ったりしたので、 人間が理解し合うということの難しさについて話したいと思います。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

ep049「長い長い弱虫ペダルの話」

長いとアレなんで1時間以内に収めようと思っていたものの、 このシーンも良い、このシーンも良いという話を、 延々していたらいつの間にか2時間を超えてしまい、 非常に長いことになってしまいましたが、 僕は本当に好きなんですよ、弱虫ペダル。 それだけでも分かっていただきたい。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年10月20日 (日)

ep048「The Wonderful 101の話をしよう」

すごく楽しくやっていて、クリア後もぼちぼちやり込みもしている Wii Uのゲーム、The Wonderful 101について、 身近にやっている人がおらず、 なにやら寂しい思いをしているので、その辺について、 思いの丈などを喋ってみようかと思ったりしました。 ともかくこのゲームを僕が楽しんでいるということだけでも それだけでも分かって頂きたい。 ダウンロード 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年10月13日 (日)

ep047「犯罪交渉人峰岸英太郎と言葉の力」

最近なんというか言葉というものの限界みたいなものを感じてて、 自分の持っている言葉というものはどれほどに相手に届くのか? みたいなことに関する無力感みたいなものを感じつつ生きていますが、 そんなおりに読み返した犯罪交渉人峰岸英太郎の作中で、 必死に言葉で人を説得しようとしているなあということに、 そうだ、人に届く言葉を探すことを諦めたら終わりだ、 などと思ったような気がしました。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

ep046「全てのボクのような69デナシのために」

漫画ゴラクで連載されていた69デナシという漫画があるのですが、 69歳のお爺ちゃんが、 現実から逃げ続けた40年の後悔を取り戻すために、 もがいてあがいて色々するわけなのですが、 僕が個人的にお爺ちゃんとかに感情移入しやすいのもあって、 これがもう、本当に良くて、 僕がその話をするのを聞いて、 同じように思ってくれる人が一人でもいれば嬉しいです。 ダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ep045「デジタルと漫画の今日までそして明日から」